TOP > CSRの取り組み > 品質への取り組み

品質への取り組み

ISO9001認証取得

マツダロジスティクスではお客様に満足いただける物流サービスの提供を目指して、2000年4月に品質保証規格であるISO9002を取得しました。その後、対象部門を順次拡大していき、2008年版へのアップグレードを経て、2009年10月に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2008を全事業所で取得しました。今後も更なるお客様満足の向上に努めます。

■認証規格
ISO9001:2008
■審査登録機関
ペリージョンソン レジストラー(株)
■認証取得範囲
陸上輸送、海上輸送、港湾運送、倉庫保管、通関、包装設計・包装、自動車部品の組立、検査、自動車の点検・整備・架装、物流容器の設計・製作、重量物運搬業務、国際航空運送代理店業務

品質向上への取組み事例

役員による現場パトロール

各事業所や現場を社長以下の全役員が定期的にパトロールを実施し、問題点の発見、改善する活動を実施しております。役員自らの目で確認することにより、従業員がより良い環境で働く事ができるように努めています。

架装技能オリンピック大会

当社では架装品質の更なる向上を目指し、日々その技術・技能の標準化とレベルアップに取り組んでいます。その中で毎年、代表選手による用品取付け技能を競い合う架装技能オリンピック大会を開催し、技能レベルの再確認と品質意識の醸成を図っています。

MQサークル活動

サークル活動の発表

発表者と役員との記念撮影

当社では、自発的な活動である「小集団活動」を活発に行っています。この活動はQCサークルを「MQサークル活動」(M:マツダロジスティクス、Q:クオリティ)と名付け、各職場毎に数名のチームをつくり、品質向上と業務の効率化に取り組んでいます。
社内105サークルがQC活動を行い、毎年、各本部より代表選抜されたサークルによる「全社MQサークル発表大会」を開催しています。  この大会は国内の事業拠点だけではなく、マツダグループの海外事業拠点の参加も頂き、QC活動内容の共有の場として毎年開催をしております。