TOP > CSRの取り組み > 社員への取り組み

社員への取り組み

両立支援(ワークライフバランス)の取り組み

少子高齢化が急速に進む中、企業にとっては人財活性化や人財確保の面からも、男女ともに職業生活と家庭生活を両立できる環境を作って行かなければなりません。
2007年7月に当社は、厚生労働省指定法人の(財)21世紀職業財団広島事務所から「男性の育児参加促進事業の実施事業所」の指定を受けて以来、下記のような活動に取り組んでおります。

■取り組み内容

  • 有給休暇の計画取得の促進、定時退社日の実施
  • 出産・育児に関する各種制度の改善及び周知
  • 男性の育児参加の必要性について社内啓発
  • 管理職及び従業員への研修
  • 育児参加計画作成の奨励と職場支援
  • 子供を育てる社員が、利用できる制度についての見直し
  • 「広島県仕事と家庭の両立支援企業」としての登録認定
  • 「基準適合一般事業主」としての認定

仕事と家庭の両立支援 広島県登録マーク

■今後の取り組みと課題

  • 子供を育てる労働者が子育ての為のサービスを利用する際に、要する費用の援助措置の検討
  • 子供が保護者である労働者の働いているところを実際に見ることができる「こども参観日」の実施
    ★「一般事業主行動計画」
    一般事業主行動計画策定・変更届.pdf
    行動計画.pdf

取り組みの結果、3名の男性従業員が育児休業を取得しています。
2011年12月に、「基準適合一般事業主」の認定を受け、子育て支援に積極的に取り組む企業の証である「次世代認証マーク=愛称:くるみん」を取得しました。
今後も、さらに仕事と家庭の両立支援制度の周知徹底を図り、当事者が気兼ねなく休業取得できるように周囲の理解が得られる職場風土の醸成に向けて積極的に取り組んで参ります。