輸出入サービス

国際物流企業として養ってきた豊富な経験・
ノウハウによりお客様に最適な一貫物流サービスを提供

輸出入サービスイメージ

広島港・中関港から世界へ、そして世界の国々から広島港・中関港へ。 プラント、大型機械、自動車に加え、食品、一般貨物の輸出入を、高度に効率化された輸送体制により、安全迅速に、輸出入貨物のDOOR TO DOORの国際複合一貫輸送サービスを提供し、お客様の海外進出や事業展開をサポートいたします。 中国・台湾・韓国より広島港・中関港への直行便をご利用いただければ、門司・神戸経由の輸送費を大幅に削減する事が可能です。

マツダロジスティクスは、90年以上の実績とノウハウで・お客様のご要望を確実に実現させます。

コンテナ船

コンテナ船

輸出車両

輸出車両

特定保税承認取得・認定通関業者認定(AEO制度)

マツダロジスティクスは、税関のAEO制度に基づき、貨物のセキュリティ管理と法令遵守に優れた事業者として、2009年5月に「特定保税承認者」、2017年6月に「認定通関業者」に、それぞれ承認、認定されました。

特定保税承認取得・認定通関業者認定(AEO制度)

AEO制度の概要

2001年の米国同時多発テロをきっかけに、貿易におけるセキュリティ確保と効率化が課題となり、民間企業と税関の「パートナーシップ」によって、セキュリティの確保と適正な税関手続きの実現を目指す日本版AEO制度が2007年に開始されました。 これは、セキュリティとコンプライアンスが優良な貿易関連事業者を税関が承認・認定して、税関手続きの円滑化措置を講じる制度です。

AEO制度に係るシンボルマークAEO制度に係るシンボルマーク

特定保税承認制度の概要

特定保税承認制度とは、日本版AEO制度の中で、保税蔵置場及び保税工場の被許可者を対象とする制度です。 貨物のセキュリティ管理とコンプライアンス(法令遵守)の体制が整備された保税蔵置場として管轄の税関より認められると、 「特定保税承認者」になることができ、税関手続きにおける利便性が向上する等の優遇措置が受けられます。

認定通関業者制度の概要

認定通関業者制度とは、日本版AEO制度の中で、通関業者を対象とする制度です。 貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制を整備出来ている通関業者として税関から認定を受けると、一定の担保提供を条件に、納税申告前の貨物の引取が可能になる特例委託輸入申告制度、 AEO保税運送者の利用を前提として、保税地域外の場所にある貨物について輸出の許可を受けることができる特定委託輸出申告制度、 といった税関手続きの優遇制度を利用することが可能になり、リードタイム短縮等のメリットが期待できます。

※AEO制度及び特定保税承認制度・認定通関業者制度の詳細に関しては、こちらをご参照ください。

税関Webサイト/AEO制度

ページのトップへ戻る